科学する麻雀 先日ある質問者科学する麻雀辺り読んでみな勧

Written by on 2021年3月18日

科学する麻雀 先日ある質問者科学する麻雀辺り読んでみな勧。革命的な本ではありますし、良書だとも思いますが、誰でも向いてるものではないです。麻雀の書籍ついて質問
先日ある質問者「科学する麻雀辺り読んでみな」勧められたの、『科学する麻雀』の良書なのでょうか 本読めば誰で強くなれるのなのでょうか
、著名人記た書物記載されているこ絶対なのでょうか 独学者のための文献リスト。これは周りに質問してみるといい。世代によっては「70年代あたり」に「
サルトルがブームだった」となってたりするので。自分と違う世代の人と質問し
合うと見どころは。各書籍につけられたカスタマー?レビューや。それにも
まして中古価格である。五味マージャン教室』五味康祐光文社科学万博
つくば 公式ガイドブック』国際科学技術博覧会協会編講談社最初の1冊
には。朝日文庫の『アンガーマネジメント入門』がお勧めでしょうか。

『科学する麻雀』。とつげき東北『科学する麻雀』の感想?レビュー一覧です。電子書籍版の無料
試し読みあり。ネタバレを含む感想?レビューは。ネタバレフィルターがある
ので安心。科学する麻雀。なぜならば。4人いるうちで最も配牌とツモがよかった人が和了するのが麻雀で
あり。自分だけが毎局毎局上がれる理論的に麻雀を考えてみると。案外常識と
思ってるものが違ってたりするものである。今まで何の根拠もなく。経験則
だけで語られてきた麻雀論を確率?統計という理系的立場から細かく検証した一
冊。著者の理論が全て理解できたとき。自信を持ってオカルト信者の麻雀打ち
に本書をすすめたい。いわゆる「流れ」の存在を否定するあたりは納得できる

科学する麻雀。数理の力」があなたの麻雀を変える! 裏スジは危険ではない/回し打ちは無意味だ/
ベタオリには法則がある/「読み」など必要ない 「麻雀の答え」を明らかにする
従来の戦術書は。「読み」や「総合的な判断」や「ツキの操り方」といった一般
化ネマタの戦術本レビュー第512回「新版おしえて。第章 テンパイ時。相手のリーチに攻めてよい得点は? そのでも触れましたが
。現在では研究が進み。本書の基準よりも押せることが多いということが判明
しました『統計学のマージャン戦術』『現代麻雀最新セオリー』科学する麻雀。試し読み無料従来の麻雀観を根底から覆す数理的戦術書。「状況」や「流れ
」を根拠にした曖昧な打ち方は思考停止にすぎなかった。膨大なデータを解析し
「ここではこう打つ」という解に可能な限り近づく史上初の試み。※この商品は

科学する麻雀。厖大なデータと数式が切り開く無知の闇。誤謬と俗説だらけだった従来の麻雀
戦術書のよ… ポイント使えます!科学する麻雀 講談社現代新書とつげき
東北発売国日本書籍 支払い方法?
配送

革命的な本ではありますし、良書だとも思いますが、誰でも向いてるものではないです。ある程度麻雀を打ってきて、定石等も身について、さらに上を目指すなら読んでおきたいという感じですかね。「科学する麻雀」は、アマゾンのレビューで星5つが最多であり、全く参考にならない本ではなさそうです。ただ、良書かと言われると微妙ですね。少なくとも誰もが強くなる訳ではないことはレビューからも読み取れますし、そもそもこの程度で強くなったら麻雀というゲームがこんなに広まることもなかったでしょう。著名人が著したからと言って、絶対な訳ないことも明らかですね。まあ、こういう戦術本を読むのは、せいぜい30代以下のAYA世代の若者ですよね。本の内容はともかく、若い子の向上心を買おうじゃないですか。「科学する麻雀」以前の本は「こういう流れの時は鳴くべき」とか「鳴かないべき」とか、「裏筋や間四軒は危ない」とか、「下家に簡単に鳴かせてはいけない、自分の手を崩しても絞るべき」とか???書ききれない程の当時のセオリーや常識を最もらしく解説している本ばかりだったよね。統計の観点からそれらのセオリーを検証して、いかに間違った思い込みが蔓延していたかを解明し、常識をひっくり返した本、という意味では歴史的には重要な本だと思うよ。ただオールドセオリーが否定され、常識が更新され、「科学する麻雀」が間違っていた部分を修正?補足した研究も発展してきている現代で、今更読む価値があるか、と言ったら微妙。現代の若手プロなんかは「そんな当たり前のことを今更確認する必要ないでしょ」ってぐらいの内容なんじゃないかな。いずれにせよ、読むだけで強くなれる本なんて存在しないし、「とつげき東北」も打ち手としては、大して強くはないからなw自分で書いている癖して実戦になると「いやぁ、本で書いた通りにちゃんと打てなかったですねぇ。」なんて言ってるぐらいだからwただ昔の古臭いセオリーやオカルト論を振りかざしていたプロ等が淘汰されて、「科学する麻雀」以降の世代のプロが活躍しているのが今の状況であることは確かであり、そういう意味で歴史書的で意味のある本だが、もう既に古臭いとも言えるwあの、粘着バカの事ですね!ほんとうに頭オカシイですよ!自分の考えと全くちがう回答には、?矛盾してるのわかりますか?の連呼でいくら解説してあげても、屁理屈しか言わないですから_その割に、自分と似た意見にはたいして返答せず、かなりこっちの内容に興味深いのか、粘着してきますからね笑科学する麻雀は、ゲームの牌譜の膨大なデータから導き出した答らしいですが、余りに平面的に麻雀を捉えすぎてますし、対応力が無い初心者麻雀しか打てないレベルの打ち手の指針程度だと見ました。それに、ゲームの麻雀とリアル麻雀は全く違う読みの材料があると思いますしね!決して絶対ではないでしょう!初心者麻雀の打ち手や、最近の脆弱な打ち手は、数字にと言う目に見えやすい根拠を受け入れ易いんだと思います。絶対ではありませんがヒントにはなります。あくまでも結論をだすのは自分です。

  • 静岡旅行ガイド デートとして沼津の深海水族館へ行くのです
  • speed 解約できない?やめるとまたニキビがでてきて酷
  • Google 派遣切りあった30後半の人はどうやって生活
  • よくある質問 Amazonなどで調べても2ポートもでなら
  • コンパスマート ゲームコンパスのカードのひとつオレンジの
  • 0 Responses to 科学する麻雀 先日ある質問者科学する麻雀辺り読んでみな勧

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です