Recent 『政府29日国家戦略特区制度活用た最先端都

Written by on 2021年3月18日

Recent 『政府29日国家戦略特区制度活用た最先端都。当然議員辞職すべきです何しろ日本会議関係者でしょ。片山さつきのような議員議員辞職するべきでありませんか 竹中平蔵呼んで懇談会やったそう

歌手のsayaメルマガで「
「竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業国家経営する日」
From saya@歌手/チャンネル桜キャスター

『政府29日、国家戦略特区制度活用た最先端都市「スーパーシティ」構想ついて検討するための有識者懇談会(座長?竹中平蔵東洋大教授)の初会合開いた 』

2016年頃政府打ち出てきた科学技術政策の基本指針【ソサエティ5 0】の
舌の根乾かぬうち今度いったいよういうのか

片山さつき地方創生担当大臣有識者わずか7名集め的懇談会開き
座長迎えたのかの有名なパソナグループ会長の竹中平蔵氏だった

さて11月末基本コンセプトまめるの事だ、
現在の概ねの方針国家戦略特区のホームページで確認できる

自動運転車両現金使わないキャッシュレス化目下の目玉のこ
A I取り入れた海外都市の先行事例ついて検証行われた

有名なの中国杭州市アリババ手組んで開発た人口知能よる
交通のシティブレイン化 よって交通渋滞ほぼ無くなり、
車両のスピード15%速くなったの事
カナダトロント市郊外でヒト?モノ?カネの動きセンサーで把握
ビッグデータ活用た街づくり行われている例や、
ドバイで警察のロボット化や政府の電子化(手続きの全て電子化)など
実行されている例など資料公開されている

かなら、トロントで個人情報の利用ついて住民係争中、
一元管理反発街去る人々多くいるいう
杭州市の場合、交通網いう大きなインフラ管理ゆえ、
コンピュータウイルスやサイバー攻撃などで万一システム崩壊た時
どれだけの人命危機さらされるか計り知れない

新い事新いリスクつきまう事
片山大臣有識者の方々充分検討て頂き、
日本本当ような特区必要なのか考え直てほい

さて、そんななか最驚いたの座長竹中氏打ち出ている
【スーパーシティ五原則】(たたき台)だ

以下転載

1、目指すか 世界最先端の技術実証するだけでなく、
第4次産業革命後の未来の社会、生活包括的先行実現するショーケース

2、基本構成要素
?未来像:少なく、自動走行、キャッシュレス、行政ワンスオンリー
他、医療、介護、教育、エネルギー等含め、未来像の包括的な提示
?住民の参画:未来像の実現合意参画する住民
?強い首長:住民の合意形成実現できる、ビジョンリーダーシップ備えた首長
?技術実装できる企業:世界最先端の技術実装できる、中核なる企業

3、エリアの選定
都市の一部区域含め、ごく少数のエリア、透明なプロセスで選定

4、域内の運営
?国?自治体?企業で構成するミニ独立政府運営主体
(従来の特区の区域会 議のさらなる強化、住民参画の仕組み組み込む)
?社会設計担うアーキテクト置き、権限付与

5、国の役割
?域内の規制設定の権限原則てミニ独立政府住民委ねる
?必要なインフラ整備国主導で迅速行う

2018年10月29日
竹中平蔵

内容お読み頂いて、おそらく新経世済民新聞読者のみなさん
同じよう感じてくれた方多いので予想する

“ってだかんだで 新い国作ろうって話じゃないの ”

っていうか“ミニ独立政府”って言っちゃってる、“首長”って言っちゃってる、

独立政府『企業』いう名の外資及び外資の投資家含まれている、

全ての規制の権限日本政府でなくミニ独立政府住民で決めるって
ってう日本じゃない、、、

医療や教育やエネルギー含めて社会設計する組織作り権限与える、、
だか小さな共産主義国みたい、、

で必要なインフラ速やか与えよ、日本政府釘刺す始末

結局技術革新隠れ蓑て政府出資させ、
日本の中新い別の国作りたいだけなので思えてくる、、

そてう一つ大きな疑問、そそ国家戦略特区、従来の岩盤規制風穴開け
国全体でできない事実験的行うため作られた政策だ聞いている
(今の国家戦略特区自体のあり方大い疑問感じている、、)」述べてい スーパーシティ。内閣府 地方創生推進事務局 国家戦略特区令和元年月日。スーパーシティ
及びスマートシティの取組みの周知を図るとともに。我が国における「スーパー
シティ」構想を目指しており。それを実現するための先端技術や
ソリューションを有する企業?団体によるブース展示を行いました。クラウド
テクノロジーを活用した都市の課題解決慶應義塾大学名誉教授東洋大学教授「
スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会座長制度概要評価と成果

saya竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業が国家を。政府は29日。国家戦略特区制度を活用した最先端都市「スーパーシティ」構想
について検討するための有識者懇談会座長?竹中平蔵東洋大教授の初会合を
開いた。』 年頃より政府が打ち出してきた科学技術政策のスーパーシティの成否を握る2つの鍵?住民理解。大胆な規制改革により。まちをまるごと未来都市とするスーパーシティ構想。
有識者会議の座長を務める竹中平蔵氏は。構想実現のカギは『首長の
リーダーシップ』であると指摘する。竹中 平蔵東洋大学 教授。慶應義塾
大学 名誉教授こうした状況を踏まえ。規制緩和を進める仕組みとして国家
戦略特区の制度が作られた。年に成立し。現状では先に述べたように。
包括的で大胆な規制改革を実現し未来型の都市を実現するために。規制緩和
についての住民の合意が

スーパーシティ。内閣府 地方創生推進事務局 国家戦略特区令和元年月日。スーパーシティ
及びスマートシティの取組みの周知を図るとともに。我が国における「スーパー
シティ」構想の実現に向けた広範な議論を行うため。内閣府主催Recent。竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業が国家を経営する日」 @
歌手/チャンネル桜キャスター『政府は29日。国家戦略特区制度を活用した最
先端都市「スーパーシティ」構想について検討するための有識者懇談会座長?
竹中平蔵東洋大教授の初会合を開いた。』 年頃より政府が打ち出してきた
科学技術政策の基本指針ソサエティの舌の根も乾かぬうちに今度は
いったいスーパーシティ構想初会合。政府は29日。国家戦略特区制度を活用した最先端都市「スーパーシティ」構想
について検討するための有識者懇談会座長?竹中平蔵東洋大教授の初会合を

スーパーシティ構想初会合。政府は29日。国家戦略特区制度を活用した最先端都市「スーパーシティ」構想
について検討するための有識者懇談会座長?竹中平蔵東洋大教授の初会合を
開いた。会合では…

当然議員辞職すべきです何しろ日本会議関係者でしょ?議員辞職すべきだとは思いません。選挙で選ばれた身分なのですから、辞めるのは選挙で落選したときです。

0 Responses to Recent 『政府29日国家戦略特区制度活用た最先端都

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です